千葉市受動喫煙

千葉市内の公共施設や商店などの受動喫煙関連について調べてみた 

イトーヨーカドー幕張店 敷地内禁煙のため安心して利用できます。

イトーヨーカドー幕張店に喫煙・禁煙の案内がホームページに掲載されておりましたので紹介をいたします。



掲載場所はどこ?

 喫煙に関する案内はフロアガイドに掲載がございます。

 喫煙コーナーもなく、館内、館外ともに禁煙であると完璧な体制です。

【喫煙設備について】

イトーヨーカドーには喫煙コーナーはございません。館内・館外ともに禁煙です。

stores.itoyokado.co.jp

www.itoyokado.co.jp



敷地内禁煙はリニューアルがきっかけ?

 幕張店はリニューアルを2022年7月に実施を実施しており、ファミリーでの利用をかなり意識をされているようです。喫煙ができないとしっかり案内がなされている点もとても印象が良いです。お子様連れの方でも安心して利用が可能かと思います。

 

幕張店 7 月 6 日(水)リニューアルオープン

当社首都圏初※ 衣・食・住をワンフロアで展開し、新テナント導入

https://www.itoyokado.co.jp/__resources__/7830012c-6626-4c0b-8a80-6574e552df2b.pdf

令和4年9月定例県議会(10月3日) 千葉県議会棟にある喫煙専用室に関する質問が行われています

令和4年9月定例県議会(10月3日) 受動喫煙防止対策に関する質問が掲載されています。質問は西尾憲一議員が行ったようです。

ただし、速報版のため修正が行われる可能性があります。

www.pref.chiba.lg.jp



<質問>

 

次に、県有施設の喫煙所について。

 

 受動喫煙で亡くなる方は、年間何と1万5,000人で、昨年の交通事故死者数は2,636人ですから、6倍近くになります。人口割だと千葉県で年間750人前後、1日2人以上亡くなっている計算です。したがって、もっと対策に力を入れるべきであり、千葉県でも千葉市や東京都並みの原則として飲食店の屋内禁煙を義務づけする受動喫煙防止条例が必要と、これまで訴えてきたところでございます。

 

 なぜ喫煙専用室は県庁舎にはなく議会棟にあるのか。

 

 学会の調査では、改正健康増進法が全面施行された2020年4月1日現在で、全国815の市・区議会の98%に当たる796議会が屋内全面禁煙か、屋外を含む敷地内禁煙。政令市議会は20のうち19、中核市の議会は60のうち54が同様です。2021年10月1日現在で、岩手県の調査によると、都道府県議会では喫煙専用室があるのは19県と少数派です。議会棟1階にある喫煙専用室の貼り紙にも、受動喫煙になるとはっきり書いてあります。全国の医療関係者ら約4,500人でつくる日本禁煙学会は、公費で運営され、公共性の極めて高い議会は、自主的に屋内全面禁煙とするべきだと強調しています。

 

 したがって、議会棟の喫煙専用室を廃止すべきではないか。

 

 廃止できないならば、職員や来庁者も平等に利用できるようにするべきではないか。コロナ禍とはいえ、議会開会中だけ利用できるのは議員優遇ではないか。

 

<回答>

○議長(佐野 彰君) 総務部長鎌形悦弘君。

 

  (説明者鎌形悦弘君登壇)

 

○説明者(鎌形悦弘君) 私からは、まず、県議会議員の海外派遣に関する3問について関連いたしますので、一括してお答えいたします。

 

 議員の海外派遣の実施は、千葉県議会会議規則に基づき、議会の議決で決定され、旅費の支給については、千葉県議会議員の議員報酬等に関する条例などに基づいているものと認識しております。

 

 次に、喫煙専用室の議会棟設置に関する御質問ですが、行政機関の庁舎は健康増進法により原則禁煙とされています。また、千葉市受動喫煙の防止に関する条例により、市内の行政機関の庁舎の屋外に喫煙所を設置しないよう努めることとされています。以上の点を勘案し、県庁舎を禁煙としたところでございます。議会棟につきましては、法により喫煙専用室の設置が可能な施設であり、望まない受動喫煙の防止を図るという法の趣旨から設置しております。

 

 最後に、議会棟の喫煙専用室の廃止及び利用に関する2問は関連いたしますので、一括してお答えいたします。議会棟の喫煙専用室は、健康増進法にのっとり、議員や来庁者などの受動喫煙を防止するために設置しております。議会棟の喫煙専用室は、喫煙する議員や来庁者などが利用しておりますが、議会開会中には、議会棟を利用する者が閉会中よりも多くなることから、議会棟1階の喫煙専用室を開会中に利用できるようにしております。



議会棟の喫煙所の案内が消去されておりました。

 今回の質問を受けて千葉県のホームページを確認したところ、議会棟にある喫煙所の案内が消去されておりました。禁煙になったとの案内もありませんので喫煙所がどのようになっているのかが不明です。

 仮にホームページに記載しないことで一般利用ができないようにしているのであれ、千葉県議会議員のために喫煙所を設置していると思われても仕方がないのかと思います。

 

chiba-asafe.hatenablog.com

 

令和4年9月定例県議会(9月28日) 受動喫煙防止対策に関する質問が行われています

令和4年9月定例県議会(9月28日) 受動喫煙防止対策に関する質問が掲載されています。質問は竹内圭司議員が行ったようです。

ただし、速報版のため修正が行われる可能性があります。

www.pref.chiba.lg.jp

 

<質問>

最後に、私の一般質問で毎回取り上げております受動喫煙防止対策について伺います。

 受動喫煙防止を推進するため、令和2年4月1日に改正健康増進法が全面施行となりました。あわせて、千葉市では千葉市受動喫煙の防止に関する条例を制定し、法律より厳しい規制が適用されました。千葉県が2年に一度実施している生活習慣に関するアンケート調査では、飲食店等における受動喫煙の機会を有する者の割合は減少しており、飲食店等を原則屋内禁煙とする法規制やその周知による受動喫煙防止の取組には一定の効果があったと考えております。

 また、千葉市が公表している主要事務事業戦略シートで確認したところ、飲食店における受動喫煙被害の状況は、平成29年度から令和2年度までの間に大きく改善しておりました。これは法律だけではなく、市条例を制定した効果があると考えます。当時の市長として千葉市条例を制定した熊谷知事におかれましては、県においても条例を制定されるものと期待しております。

 さて、一方で、路上等の屋外の場所や改正健康増進法の規制の適用除外となっているプライベートな居住場所での喫煙によって生じる受動喫煙の防止対策は一体どうなっているんでしょうか。マンション等のベランダや隣接する住宅の敷地での喫煙によって、たばこの煙が流れ込んでくることがあると聞いております。

 そこで伺います。受動喫煙防止対策について、喫煙者の意識を変えていくため、県としてどのように取り組んでいくのでしょうか。

 

<回答>

 

○議長(佐野 彰君) 保健医療担当部長井口豪君。

  (説明者井口 豪君登壇)

○説明者(井口 豪君) 私からは受動喫煙防止対策についてお答え申し上げます。

 喫煙者の意識を変えていくための取組に関する御質問ですが、改正健康増進法では、喫煙者及び施設の管理権原者に対して受動喫煙を防止するよう配慮する義務を定めております。このため県では、夏と冬に県内市町村と連携協力して啓発物を配布するとともに、秋には九都県市で共同作成したポスターを駅や公共施設に掲示するなど、受動喫煙防止キャンペーンを展開してきたところです。また、「県民だより」やホームページでも周知啓発を行っており、併せて配慮義務違反が疑われる事例においては、個別にリーフレット等を送付し注意喚起するなど、法に基づく適切な助言指導に引き続き取り組んでまいります。

 

この質問の意図がよくわかりませんでした。

 質問については喫煙者の意識についてどのように変えていくのかと言うものでしたが、回答についてはホームページで調べれば分かる内容のものばかりであまり意味があるようには思えませんでした。

 もう少し、議会だからこそ聞けるようなことを引き出せるような機会として活用してほしかったです。




フレスポ稲毛 喫煙所を増設したようです。

フレスポ稲毛の喫煙所が増設されました。

 

どこに喫煙所ができたのか?

 以前にも設置されていた場所ですが、ナップス千葉北インター店前の喫煙所が再開された形で増設が行われました。

www.e-frespo.com



どうしても優先駐車場前に喫煙所を設置したいようです。

 今回、増設された喫煙所付近には、妊娠されている方などが利用する優先駐車場があり、受動喫煙を回避することが難しい位置となっています。フレスポ稲毛は大和ハウス工業の系列ですが企業の姿勢としてあまり良い状況ではありません。

chiba-asafe.hatenablog.com

 

 

その他の喫煙所については下記を参照願います。

https://www.e-frespo.com/inage/shop/pdfimage.jsp?id=470

 

 

chiba-asafe.hatenablog.com

 

chiba-asafe.hatenablog.com

 

イオンモール幕張新都心 コロナ対策のため閉鎖していた喫煙所を条件付きで再開してしまいました。

 イオンモール幕張新都心店において、コロナ対策のため閉鎖していた喫煙所を条件付きで再開しているようです。

 

喫煙所再開の内容とは?

 屋外に設置した喫煙所はそのままで、屋内の喫煙所は加熱式たばこ、電子たばこのみの利用となったようです。

 

館内・屋外喫煙所のご案内

館内の喫煙室につきましては

当面の間、加熱式たばこ、電子たばこのみのご利用とさせていただきます。

紙たばこなどを喫煙の際は屋外喫煙所(MAP内★マーク)をご利用ください。

お客さまにはご不便をおかけいたしますが、

何卒ご理解ご協力のほど、お願い申し上げます。

makuharishintoshin-aeonmall.com

 

紙たばこだけ利用できない理由は不明

 今回のコロナ対策緩和については、加熱式たばこ、電子たばこのみ屋内喫煙所の利用が再開された形になっております。感染対策としては紙タバコと加熱式たばこ、電子たばこによるリスクの差はあまりないようにも感じますが、イオングループ内部でなにか話し合われたのかは不明です。他の店舗では敷地内禁煙に向けて動き出しているところもある中で、国内最大の旗艦店でもあるイオンモール幕張新都心店での喫煙所再開は残念に思います。

 

前回の記事

chiba-asafe.hatenablog.com