千葉市受動喫煙

千葉市内の公共施設や商店などの受動喫煙関連について調べてみた 

千葉県飲食店感染防止対策認証事業と受動喫煙対策について

 千葉県飲食店感染防止対策認証事業について千葉県のホームページが公開されました。

 全国でコロナウイルス感染対策として飲食店における規制が行われています。

 そのような状況下において千葉県独自で認証事業を実施し、認証店に対しては、まん延防止等重点措置区域以外の地域において、営業時間の短縮要請等を行わないようにするそうです。

 

 県では、感染防止対策と経済の両立を目指し、飲食店の感染防止対策を促進するため、認証モデル事業を千葉市内の飲食店を対象に実施してまいりました。

 モデル事業について、ハード面・ソフト面での検証を踏まえた改善を行ったうえで、飲食店における感染防止対策を県が認証する制度を県内全域で実施することとしました。

 厳しく設定した認証基準を適用し、基準の達成に必要となる設備の整備費用等への支援を行うとともに、高いレベルでの対策が講じられていることを踏まえ、認証店に対しては、まん延防止等重点措置区域以外の地域において、営業時間の短縮要請等を行わないこととしています。

www.pref.chiba.lg.jp



認証基準と喫煙対策について

 ホームページ上では千葉県飲食店感染防止対策認証事業に係る認証の基準が公開されており、喫煙に関する項目が一つだけありました。

 

 喫煙スペースがある場合は、一度に利用する人数を減らす、人と人との距離を保つなどにより、3つの密を避けるよう要請する。

 ※複数室ある場合、喫煙スペースごとに制限

https://www.pref.chiba.lg.jp/keishi/inshoku-taisaku/documents/02_ninsho_kijun.pdf




喫煙についてはもっと慎重になるべき?

 千葉市では海浜幕張駅前にたばこ会社が設置した喫煙所がありますが、コロナウイルス感染拡大防止のため、喫煙所が閉鎖されています。であれば、今回の認証事業についても喫煙ができる場所についてはもっと慎重になるべきです。

 喫煙所内ではどうしても汚い手でたばこをさわり、マスクを外して咳をする、ツバをはく、大声で騒ぐなどリスクはどうしても高くなります。

 そのため、飲食店についてはむしろ禁煙にしていただいたほうが安心かと思われます。

 飲食店に限らず感染拡大防止のために様々なルールが設けられております。そのルールにおいては様々な考えがあるかとおもいますが、喫煙についてはほとんどの飲食店の営業において影響を与えることは少ないかと思います。この先、感染者数がさらに増加するようであれば、喫煙所の閉鎖も視野に入れていただくと安心します。

chiba-asafe.hatenablog.com