千葉市受動喫煙

千葉市内の公共施設や商店などの受動喫煙関連について調べてみた 

イオンスタイル幕張ベイパーク  受動喫煙の回避は困難なレベル

判定 条件はあるが利用可能(受動喫煙の回避は困難なレベル)

 

住所  千葉市美浜区若葉3-2-16

 

喫煙所 あり

 

掲載内容を見るときのお願い。
 文章だけではどうしても完璧に伝えきれないかと思います。フロアガイドをホームページにて入手し、閲覧しながら確認をしていただければと思います。ただ、店頭にフロアガイドが配布されていますが、壁に掲示してあるフロアマップの喫煙所の位置が実際と異なっているので注意が必要です。

 

施設について

道路を挟んで4つの建物で構成されています。

 VILLAGE1:食料、日用品などを販売するスーパー、薬局、クリーニング、ATMなどの生活に必要なものがそろえられているほか、ここdeデリというイートインコーナーがありステーキ、ハンバーグ、パスタ、サンドイッチなどがそろえられています。また、無料で計測できる血圧計、血管年齢計、体組成計もあります。

 VILLAGE2:飲食店のみで構成されており、回転寿司のすし銚子丸雅、イタリア料理のアンジェリカ、カフェの&COFFEE MAISON KAYSERが営業をしています。

 VILLAGE3:100円ショップのダイソー、自然食品の健康テーブル365が営業をしています。

 VILLAGE4:雑貨&カフェのマライカバザールが営業をしており、併設されたレインボーカフェにて飲食が可能となっています。

 

状況
 喫煙所が1箇所、喫煙ができる飲食店が1店ある。

喫煙所についてはVILLAGE1建物の屋内にあり、場所はVILLAGE2と面した交差点側にある。かなりわかりにくいのだが、喫煙所は屋内にあるものの、喫煙所の入口は店内にはなく、屋外からしか入れない。広さは2人ぐらいが利用できるスペースで扉をあければ煙が容易に漏れる構造となっている。外見からはとてもわかりにくく、喫煙所の文字も非常に小さい。喫煙所の位置がわからないのか駐車場で喫煙をしている人を何人か見かけた。また、喫煙所の位置を案内するフロアガイドにも不備があるため場所がわかりにくい。たとえば、建物入口のラックにあったフロアガイドを手にとると喫煙所は一切記載されていない。建物に掲示してあるフロアガイドには入口脇の屋外に喫煙所があると案内されている。店頭入口の営業時間のご案内の掲示物にも喫煙に関するお願いが記載されているが、「喫煙される方は、館外の喫煙所にてお願い致します。」と記載されており、こちらも現状と違う案内がされている。レジ付近の天井から吊り下げられている案内看板に喫煙所のある方向が記載されているが、あれで喫煙所までたどり着くことはまず考えにくい。繰り返しになりますが良く探さないといけないぐらいわかりにくいです。

 喫煙ができる飲食店はVILLAGE4のマライカバザールに併設されたレインボーカフェの屋外座席で喫煙が可能となっている。ペットと一緒に食事ができるようだが、スモーキングエリアとも記載され、灰皿を自由に使えるようになっている。この屋外座席が道路に面した形で設置されている。


受動喫煙を回避するためには
 今回はひとつの建物でなく複数の建物全体で考えています。結論から言いますと受動喫煙を回避するのは困難と考えています。理由としてはVILLAGE1とVILLAGE4の喫煙所の位置です。イオンスタイル幕張ベイパーク店に行くためには、VILLAGE1、VILLAGE4とVILLAGE2とVILLAGE3の間にある一本の道路を利用するのですが、海浜幕張駅方面から行くとなるとVILLAGE4のマライカバザールに併設されたレインボーカフェ屋外座席の前を通過しなくてはならない。その反対側は VILLAGE1のイオンスタイルの喫煙所前を利用しなくてはならなくなる。いずれもVILLAGE1とVILLAGE4と反対側のVILLAGE2とVILLAGE3側の歩道を歩けば何とかなるかも知れないが、風が吹けば煙が流れるには十分な距離と思える。正直なところ利用については推奨できない。違うお店の利用を推奨したい。

 

全体を通して

 2019年4月13日(土)イオンスタイル幕張ベイパークグランドオープンおめでとうございます。今後も多くの方に使いやすい店舗を目指していただければと思います。今回、オープン初日にお伺いをさせていただきましたが、受動喫煙対策も含めて何点か気になった箇所を記載します。

1 受動喫煙対策について

 設計や建築段階で何度か設計変更があったためなのか、喫煙所に関する案内に一貫性がありませんでした。場所も非常にわかりにくく、駐車場で隠れて喫煙をする人も多く見かけました。オープンしたばかりで大変かも知れませんが、訂正をお願いしたいと思います。また、喫煙できる場所についても、VILLAGE1とVILLAGE4のどちらかに統一できれば受動喫煙の恐れが少なくなりますのでご検討をいただければと思います。

2 段差について

 建物と歩道との間に段差がある場所が何箇所かあります。まだ、慣れていないせいかも知れませんが、躓いて転ぶ人を何人かみかけました。また、ベビーカーのタイヤが脱輪してしまい、ベビーカーを倒しそうになっている人もいました。車イス用にフラットになっている場所もありますが、段差があるところが非常にわかりにくく危険な状態です。可能な限り段差を解消していただき安全への配慮をしていただければと思います。

3 建物入口のラックにあったフロアガイドについて

 通常の入口非常用の入口をきちんと使いわけて記載がされていないので、非常に見にくくなっておりますので、増刷の際は修正していただければと思います。

 

調査日 
 2019年4月